• 私たちの使命は

    1人でも多くの人に”切り替わるきっかけ”を届け、

    社会を活気づける波を起こすこと。

    学生団体

    SWITCH

  • Our Mind

    SWITCHが最も大切にする団体理念

    VISION

    「日本一愛され、100年以上続く学生団体になる」

    SWITCHの活動が1人でも多くの人に認められ、必要とされる。

    いつの時代でも人々に本当に必要なことは何なのかを追求し、

    常に社会を活気づける存在でありたい。

     

    MISSION

    「1人でも多くの人に"切り替わるきっかけ"を届け、 社会を活気づける波を起こす」


    SWITCHの活動を通じて国内外の様々な人に活力を届け、
    それが人から人へと波のように広がっていってほしい
    という強い想いのもと活動しています。

     

    VALUE

    「素直・謙虚・感謝」

     

    素直な心で接する

    謙虚な姿勢を持つ

    感謝を忘れない

    自分のためにも誰かのためにも行動

    主体性を持って、『よりよく』を追求

    ONとOFFを切り替える

    言動に責任を持つ

    自ら楽しみ、楽しませる

  • What We Do

    ”切り替わるきっかけ”を届けるために...

  • Charity Sports Festival

    〜大学生1,000人による大運動会〜

  • 開催趣旨

    ”感動”が生み出す”挑戦”への活力

    誰かが一生懸命に”挑戦”する姿は、それを見ている誰かの心を揺さぶり”感動”を生み出す。その”感動”が新しい何かへの”挑戦”の活力となる。CSFを主催する私たちの”挑戦”が誰かの心に響くのか、初対面ながらに団結する参加者の”挑戦”が誰かの心に響くのか。私たちは、一丸となって”感動”で溢れる大運動会を創り上げます。

    ”楽しい”から始まる社会貢献

    運動会に参加しているお客さんにとっては、ただ運動会を楽しんでいるだけ。しかし、その1人1人の”楽しい”がカンボジアの子供達の笑顔を生み出す「通学支援のボランティア」という「社会貢献」につながっています。普段は少し敷居が高く感じてしまいがちな「社会貢献」という言葉。このCSFを機に少しでも身近に感じてほしいです。

  • Study Tour

    〜支援先国であるカンボジアを学ぶ〜

  • 概要

    学生団体SWITCHはStudyTourとして2014年からカンボジアを訪れています。

    目的

    カンボジアという国の日々の進歩

    移り変わってゆくニーズ

    支援をさせていただいている子供達の現状

    それらを実際にカンボジアを訪れることで自分自身の五感で感じること。

    なぜカンボジアなのか

    カンボジアにはポルポトという主権者による独裁政権時代(1976年〜1979年)がありました。

    彼はスパイを見つけ出す為に多くの人を拷問し虐殺しました。

    拷問から逃れる手段は自分以外の誰かをスパイとして密告することで、拷問を受けた人は耐えられず知人だけでなく身内も売ってしまいました。

    当時の出来事からカンボジアの人々は身内でさえも信じられなくなり、コミュニティは崩壊していきました。

    カンボジアはこの大量虐殺によって壊されたコミュニティの再構築や子どもたちの心を育てる情操教育を必要としています。

     

    学生団体SWITCHは日本とカンボジアで毎年運動会を開催しています。

    運動会ではチームの仲間と喜び合い、悔しがりといった様々な感情が生まれます。
    互いに協力し合うことでコミュニティの形成を図る事が出来ます。

    カンボジアの抱える問題を、SWITCHが毎年開催している運動会の力で解決できる。

    カンボジアの現状を知り、SWITCHだからこそできることがある。

    そのため私たちはカンボジアを支援先としています。

    支援の理由

    学生団体SWITCHは民際センターを介し、

    ダルニー奨学金という通学支援を毎年行っています。

    通学支援を続ける理由は、将来よりよい教員を輩出するためです。

    よりよい教員を輩出する為には、長い時間がかかります。
    教育を受けた人が教員となり、教育に携わることでどんどん教育の質は向上し、

    より良い教員を輩出することにつながります。

    ポルポト時代にカンボジアの知識人たちは虐殺されてしまい、

    少し前までは学問を学んだ事のない人が教壇に立つという状況でした。

    その為、正しい知識を備えた教員を輩出できる状況にありません。

    近年、小学校への就学率は高くなっていますが、中学校・高校への進学率は増加しつつも低いままです。

    より良い教員を輩出する為、進学率を上げる為にSWITCHは支援を続けています。

  • Five Sections

    それぞれの役割

  • 企画部

    笑顔からきっかけへ導く

    イベントに参加してくれた人に笑顔を届け、きっかけを届けたい。そんな想いでイベントの企画を考えています。

    渉外部

    未来を創る

    人と人との関係性を、後輩たちとの繋がりを、企業様との信頼を、100年後も続くような未来を「創る」。

    学生団体SWITCHの窓口です。

    運営部

    SWITCHの土台をつくり、可能性を広げる

    学生団体SWITCHが最大限に力を発揮し、より多くの人にきっかけを届けられるようにメンバーを力強く支えます。

    広報部

    挑戦のきっかけを届ける

    挑戦の一歩を踏み出す。そのきっかけを届けるために、

    より多くの人々に学生団体SWITCHの活動・人・環境を発信し続けます。

    ボランティア部

    楽しいを入り口としたボランティアから行動への一歩へ

    人のために何かをしたいという思いがある。

    そのための手段としてボランティアがある。

    ボランティアは直接”人”のためになることができるから

    より多くの人にボランティアを、ボランティアの考え方を届けます。

  • Our Leader

    9代目学生団体SWITCH代表:横山史人

    代表挨拶

    挑戦し続ける人を増やす

    学生団体SWITCHのホームページをご覧いただきありがとうございます。
    学生団体SWITCH代表の横山史人と申します。
    弊団体は主に大学生・専門学生の1,2年生で構成されており、大学生に向けたイベントの企画、運営、国際支援活動、国内での社会貢献活動を行っている団体です。
    2009年に創設され今年で9年目を迎えました。
    ”1人でも多くの人に切り替わるきっかけを届け、社会を活気づける波を起こす”
    初代から続くこの想いを9年経った今も変わらず持って活動しています。
    支援先のカンボジアの子どもたち、イベントに参加してくれるお客様、弊団体の想いに共感し協力していただいている企業の方
    学生団体SWITCHに携わっていただく全ての人、1人でも多くの人に学生団体SWITCHと関わったことによって何か小さなことでも切り替わるきっかけを届けたいと思っています。

    その中でも9年目を迎えた学生団体SWITCHは、
    きっかけを今までにも増して
    〝強く、広く、大きく〟
    伝えていくことを目指し,
    年間を通してきっかけを届けていく
    “SWITCH PROJECT”を始動致しました。
    お客様には今年一年継続的にSWITCHのイベントに参加していただくことで、多様なきっかけを得られ人生が豊かになる“仕掛け”を用意しています。
    ぜひ1度、SWITCHのイベントに足を運んでみてください。

    また、来年学生団体SWITCHは10年という節目の年を迎えます。
    先輩たちの、人の心を変えるきっかけを届けたい、人の心を揺さぶる自分たちの熱を届けたい、という思いが紡がれてきた年月でもあります。
    今後、その熱をより長く伝え続けられるよう、邁進して参ります。

    大学生活、何か一生懸命になれるものを探している人
    熱のある大学生の力を必要とされている企業の方
    学生団体SWITCHに少しでも興味を持っていただいた方
    いつでもご連絡をお待ちしております。

    最後まで読んでいただきありがとうございます。
    以上を代表挨拶とさせていただきます。
    学生団体SWITCH代表 横山史人
  • SNS

    Twitter

    Facebook

    Instagram

    Ameba Blog

  • Contact Us